HOME > Poole Times > 学徒勤労動員殉難者記念礼拝

School Life News

2020年06月08日

学徒勤労動員殉難者記念礼拝

学徒勤労動員殉難者記念礼拝

本日(6月8日)11時より本校正門前の殉難碑前にて、75年前に学院が経験した悲しみに思いを寄せてお祈りをささげました。
このところ、うだるような暑さが続いています。75年前の6月7日も同じような暑い日だったようです。
人の命よりもある特定の人たちの立場を守ることが優先された時代。
学ぶことではなく、敵を打ち負かすことが学生の本分であるとされていた時代。
敷島紡績の工場で働いていた6名のプール生の先輩方と1名の先生に与えられた束の間の休息。
暑苦しさから解放されたい、心の重苦しさから解き放たれたいという思いで、淀川の河川敷でゆったりとしたひと時に、空爆によって7名の命が失われました。あまりにも悲しすぎる出来事です。
わたしたちは今、コロナ禍を共に生きています。ある意味、人の命よりもある特定の人の立場が優先されてしまった「人災」であるとも言い得ます。
もう二度と、同じ過ちを繰り返すことのないように、わたしたちがそれぞれの場で互いの命を担い合うことを忘れずに日々を過ごしていきたいと願っています。

一覧に戻る