HOME >  学院について > 校長のメッセージ

Message

校長あいさつ

社会が変わる、学校が変わる、学びが変わる ~大きな思想と清い心~

校長 吉田 幸一

「青く 澄んだ 空に白い雲が はずむよ なんて 元気なメロディー あなたと 出会って 私に生まれた こんな 優しい ハーモニー 歌って いこう 歌い続けていこう はるか導く 恵み受けて 明日は輝く」はプール学院の校歌です。

GAFA(Google Apple Facebook Amazon)に代表されるIT産業が世界の経済をリードしています。デー タ、技術、人材のすべてにおいて先進的、優越的であり、“データの巨人”ともいわれて、仕事の仕組みのみならず社会の仕組みも大きく変えようとしています。社会が変われば働き方も変わり、求められる能力にも変化が見られます。

プール学院中学校・高等学校では社会の変化に対応する力を養います。生徒を主体とした学びの体制、異年齢・異学年集団での協働学習の拡大や学校以外の多様な学習プログラムにより、文章や情報を正確に読み解き対話する力、科学的に思考・吟味し活用する力、価値を見つけ生み出す感性と好奇心・探求心を醸成します。これらを2019年度より段階的に行っていきます。そして、技術革新や価値創造の源となる飛躍知を発見・創造できる力、社会の仕組みを創造する力やAI・データを活用する力を育成します。

「真理はあなたがたを自由にする」をモットーとし、キリスト教精神に基づく人格教育を礎に、学習の到達目標を可視化し、成果と課題を次のステップの学習活動に結び付けていきます。また、異文化圏の生徒との交流や英検の取得率向上など英語教育を深化させることで、生徒の思考と活動の範囲を広げていきます。

さらに、高校卒業後の進路は学校の重要課題と位置づけ、生徒一人ひとりの将来の可能性を広げる進路保証を実現し、社会ニーズに応じた新たな試みをとおして、社会と地域に貢献する教育活動を推進いたします。

神様の御恵みを受けて、大きな思想と清い心で、明日は輝く生徒となってプール学院を巣立ちます。

「はるかな世界と、広い生活を、長い年々の誠実な努力で、絶えず究め、絶えず探り、完了することはないが、しばしばまとめ、最も古いものを忠実に保持し、快く新しいものをとらえ、心を朗らかに、目的は清く、それで一段と進歩する」ゲーテ詩集『神と世界』より

校長 吉田 幸一

略歴

早稲田大学大学院法学研究科修了(民事法学専攻)
ソニー株式会社本社勤務の後、民間出身校長として、神奈川県教育委員会専任主幹、神奈川県立高等学校長(2校)、
私立中学校・高等学校長(2校)
プール学院理事・評議員を経て、2019年4月より校長
2013年度62回読売教育賞、2017年度静岡教弘教育研究実践論文優良賞
学校茶道に精通