HOME > 学院について > 校長・教頭からのメッセージ

Message

校長あいさつ

この厳しい時代にこそ、プール学院のミッションに立ち返り、時代にふさわしい新たな教育を目指す。

校長 内海 伸晃

愛と奉仕のプール学院

プール学院は1879年(明治12年)、イギリス国教会の女性牧師が、大阪川口居留地の自宅で、日本人の子供(とくに女子)たちを集めて英語や裁縫を教えたことに始まります。今から130年以上も前のことです。「愛と奉仕のプール学院」をモットーに、グローバルな視野に立ち、他者を愛し、社会貢献できる女性に育てることをミッション(使命)としてきました。

愛と奉仕のプール学院

様々な困難を乗り越えて

様々な困難を乗り越えて

長い歴史の中には様々な困難や苦しみがありました。戦争のため、礼拝やキリスト教教育を禁止されたこと、プールという校名を改名させられたこと、災害で何人もの生徒のいのちが失われたことなど数えればきりがありません。しかし、そのような困難な中でも、決して希望を失わない、忍耐力を持った人間を育てるという教育目標は失うことはありませんでした。

高校教頭あいさつ

プール学院に学ばれるみなさんは、それぞれに高校生活や自分の将来に対して、真剣に夢や希望をもっておられます。そして今、それらの夢や希望を絶対に叶えたいという、みなさんの熱い思いが伝わってくるのを感じています。

本校では、そうしたみなさんの熱い夢や希望に応えるため、今までの経験や実績をもとにして、学習指導、進路指導のみならず、クラブ活動、生徒会活動、国際交流協プログラム、ボランティア活動など、人間としてバランスのとれた成長を願って様々な「チャンス」を用意しました。どのチャンスのとびらを開けるかはみなさん方の自由です。しかし、とびらを開けた以上は、どうか主体的に最後まで取り組んでください。私たち教職員も真剣にみなさんに向き合いたいと思います。

プール学院は生徒一人一人が心だけでなく実力も備えた本当の意味で世の中に役立つ人間に成長することを大きな教育の目標にしています。キリスト教を建学の精神とした本校での3年間が単なる大学進学のための通過点ではなく、かけがえのない思い出と豊かな教養にあふれた時間となることを願って止みません。

高校教頭

中学教頭あいさつ

私たちの学校は、キリスト教を基盤とした中高一貫教育を実施しています。中高一貫校の利点は、何と言っても高校受験に煩わされることなく、もっと遠い将来に向けて、豊かな教養と経験を積む時間が保証されることです。

プール学院中学校では、日々の授業や補習を通して、進路・進学に向けての基礎学力の徹底的な修得を図るべく、きめ細かい教育を実施しています。また、早朝から行う読書指導や、3年間の総合学習の集大成として取り組む論文作成では、読解と情報整理の力や論理的な思考・文章の構成・表現力を培います。宗教行事等に欠かせない伝統的な音楽教育で豊かな情操を育て、合唱コンクールなどの行事では協調性・責任感などの社会性を育んでいます。最近ではスキー合宿・耐寒訓練等の体育的行事を加え、中学生に必要な体力の増強にも取り組んでいます。

これらの取り組みを通して、中学校では「頭と心と体を鍛える」ときを過ごしてほしいと願っています。

中学教頭