HOME > 入試情報 > 進路指導

Career Guidance

多様化した進路希望に合わせて
経験豊かなスタッフによるきめ細やかな指導を行います。

社会状況の変化に伴い、進路と一口に言っても、生徒の希望は多様化の傾向にあります。

本校では、生徒一人一人の個性を大切にし、生徒の希望と適性に応じた進路を実現できるよう、担任・学年を中心に指導を行っています。また、経験豊かな進路指導スタッフによるサポートも行い、学校全体で進路指導に取り組んでいます。

中学校

学習習慣の確立と基礎的学力の定着

中学の3年間は学習習慣の確立と基礎的な学力の定着を徹底して行います。そのため家庭学習の状況を担任と保護者が日々確認できるようにしています。家庭での学習が不十分で宿題が提出できない生徒は、毎日放課後残して指導をします。特に英語・数学については、補習や朝テストで、授業内容や基礎学力の確認と弱点の克服を行っています。

総合学習の卒業論文で思考力・記述力を養う

また、「読書できる人間になる」をスクールミニマムの一つに挙げ、朝読書の時間を設けています。生徒には、読書記録を付けることと年間30冊以上の本を読むことを薦めています。 さらに、総合学習の時間に、3年かけて卒業論文の指導をします。参考文献の探し方から始まる指導は、生徒一人一人に担当がつき、テーマ決定、作成、口頭試問へと繋がっていきます。自分の考えを論証していく論文作成は、一人一人に問題意識を持たせるとともに、思考力・記述力を養います。

高等学校

自発的学習、基本的な生活習慣の確立

高校ではさらに、予習・復習を含めた自発的な学習、基本的な生活習慣の確立を促します。50分の授業を充実させ、学力を付けるとともに、通年の補習により、授業内容の補充・学力の定着や、受験対策も行っています。担任や進路指導スタッフによる面談も随時行い、生徒の志望や状況に応じて的確にアドバイスをしていきます。

高1から進路を意識した指導体制

同時に、高校Ⅰ年生より全員に「進路の手引き」を配布し、学習や受験への関心を持たせています。また、大学教員・関係者による模擬授業や説明会等を行うことで、早い時期から大学への意識付けを行い、学習意欲を高めています。卒業生の体験談を聞くことも、進路決定の大きな機会になっています。また、大学受験には自学自習の習慣が不可欠です。その意識を高めるため、自習室の開放以外に、自習マラソンや勉強合宿を希望者対象に実施し、高Ⅰより一日10時間の学習を体験する機会を提供します。

校内予備校など、全校を挙げて進路実現をサポート

さらに英語の朝テストを全学年一斉に実施し、今まで以上に徹底して英語力を鍛えることになりました。また、放課後補習以外に、受験対策に特化した校内予備校「PREP」を開講します。これは第一志望現役合格を目的として、予備校講師を招いて行うものです。有料ながら、意欲ある生徒達が申し込んでいます。以上のような、徹底した学習を全校挙げて提供し、生徒達の進路実現に向け、学校全体で取り組んでいきます。

入試対策講座・校内予備校

本校で実施しているさまざまな学習プログラムを紹介します。

入試対策講座 (対象:高校3年生)

進学のための補習

高校3年生には、大学受験に直結する入試対策講座を週5回実施しています。個々の生徒が受験で必要な科目を選択し、演習を通して現役合格を目指します。2016年度の開講講座は次の通りです。

センター漢文・古文読解基礎・世界史マーク・世界史記述・日本史マーク・日本史国公立論述・政経現社・総合英語Advanced・総合英語Basic

(春期講座・)夏期特別講座・冬季特別講座(センター練習会)

校内予備校『PREP』(対象:高校全学年)

校内予備校『PREP』

校内予備校は、外部予備校講師が授業を担当します。予備校への移動時間をなくし、学習時間を確保できるというメリットがあります。また本校では、学校が受講料の一部を補助します。2016年度は高校全学年を対象として、英検や受験対策の講座を年開講しています。

高校1年生:英検準2級対策講座
高校2年生:英検準2級対策講座、受験対策英語講座(発展・基礎)
高校3年生:入試対策英語講座

また、夏期休暇と冬期休暇には、校内予備校の特別講座を別途開講します。

その他の学習プログラム

進学のための補習
勉強合宿(夏期休暇)

  • 高3生対象春期講座・夏期特別講座・冬期特別講座
  • 中学校一貫特進クラス、高ⅠS文理クラス、一貫特進クラス、
    高ⅡS文理クラス、選抜特進クラス、一貫特進クラスが勉強合宿を行います。

推薦制度

高Ⅲには指定校推薦の制度があります。毎年多くの優秀な生徒達が指定校推薦で大学に合格しています。

以下に2016年度の抜粋として一部の大学名を掲載いたしますが、指定校推薦の有無・人数・条件などは大学から指定してくるもので、毎年変わる可能性があります。

指定校推薦大学名

● 聖公会関係
立教大学、桃山学院大学、神戸松蔭女子学院大学、プール学院大学
● 関西
同志社大学、関西学院大学、関西大学、京都産業大学、龍谷大学、関西外国語大学、甲南大学、近畿大学、大阪薬科大学、神戸女学院大学、武庫川女子大学、同志社女子大学、京都女子大学
● 関東
国際基督教大学、早稲田大学、青山学院大学、明治学院大学、東京女子大学