HOME > コース紹介 > 高校 S文理コース

国公立大、
難関私大の
文系・理系を
めざす

国公立や難関私大をめざすには1年生からその「備え」を始めなければいけません。このコースは1年生から無理なく国公立大への現役合格を目標にしたカリキュラムを編成しており、コース内で3年間一貫したクラスで勉強します。1年生から、補習や自習プログラム、勉強合宿などを通じて、主体的に「目標」に向かう力を養います。

S文理コース3つのポイント

  • Point01

    徹底した受験指導

  • Point02

    自習学習力の養成

  • Point03

    現役合格が第一目標

S文理コースでの3年間

高校1年

S文理コース

文理の基礎固め

  • 数学・理科のカリキュラムを充実させた週39時間の中で現役合格のための基礎力を身につけます。
  • また、自主学習ができる力を放課後の補習、居残り自習等で養います。
  • オープンキャンパスや大学合同説明会に参加し、進路を明確にします。
  • クラブ活動等や課外活動と両立しつつ現役合格をめざす「集中力」「切り替え力」を育みます。
高校2年

教科書発展レベル

理系・文系に分かれて授業を受けますが、クラスは高1からコース内で変わりません。

S文理 理系コース

S文理 文系コース

高校3年

応用力・実力養成

3年ではセンター入試対策をふまえて、補習とともに総仕上げを行い、同時に2次対策の指導も行います。

S文理 理系コース

S文理 文系コース

入試目標

センター入試80%以上得点

難関国公立大をめざすためにセンター試験の得点率80%以上を目標とします。

一週間の生活時間
<S文理コース・2016年度>

  • …礼拝・朝テスト・読書
  • …授業
  • …ホームルーム
  • …補習
  • …朝テスト補習
    1時限 2時限 3時限 4時限   5時限 6時限 7時限  
月曜日                    
火曜日                    
水曜日                    
木曜日                    
金曜日                    
土曜日                    

高2・高3次の教育プログラム

理系コース(※S文理コースから進級)

理系コース (※S文理コースから進級)

全ての理系学部を受験するのに対応したカリキュラムとなっています。通常の授業・補習によってセンター試験対策はもちろんのこと、国公立大学二次試験や私立大学受験に対応した応用・発展力の増強を図り、志望校合格を強力にバックアップします。

大学入試合格実績例

  • 大阪大 工学部

  • 大阪市立大 理学部

  • 神戸大 理学部

  • 神戸市看護大

  • 奈良女子大 理学部

  • 関西医科大 医学部

  • 兵庫県立大 理学部

  • 京都薬科大

授業の科目配分

文系コース(※S文理コースから進級)

理系コース (※S文理コースから進級)

大阪大・神戸大・大阪市大・大阪府立大・大阪教育大などの国公立大学文系への進学をめざします。5教科をバランスよく学び、国公立大学文系学部の受験に対応したカリキュラムとなっています。得意分野をのばし、苦手分野を克服できるようサポートします。

大学入試合格実績例

  • 大阪大 法学部

  • 京都府立大 文学部

  • 神戸大 経済学部

  • 大阪市立大 文学部

  • 和歌山大 経済学部

  • 神戸市外国語大

  • 大阪教育大 教育学部

  • 国際教養大 国際教養学部

授業の科目配分

S文理コースを
おすすめします!教員・生徒からのメッセージ

教員

Teacher's Message

生涯の友となる仲間と切磋琢磨しながら、一緒に高い目標を達成できる3年間。

入学後、S文理コースの名物である9時間授業や補習が始まると、生徒たちの気持ちは一変。仲間と問題の解法を教え合ったり、「しんどいけど頑張ろう!」と気合の言葉が響いたり、目の前のハードルを越えたいなど、勉強を通して、笑顔で夢を語れる生涯の仲間がつくられていきます。高校1年終了時には文系・理系を自分の適性を知った上で選択。学年が上がるにつれ、豊富な演習の時間や、手厚い指導のもと、仲間と共に成長して受験に臨む力をつけます。3年間、真剣勝負してみませんか?

生徒

Student's Message

楽しい学校生活と、確かな英語教育。将来海外で活躍できるようがんばっています。

プール学院を受験した理由は2つあります。1つ目は、オープンスクールに行った時、学校の雰囲気がとても明るく、友達同士が楽しく過ごしている姿を見て、うらやましく思ったからです。2つ目は。英語教育に力を入れていることです。それは入学してからもとても実感しており、週1回の英単語テストにリスニングテスト、英語の授業の最初に毎回長文読解をするなど、本当に英語に力を入れています。将来海外に行き、活躍したいという目標がプール学院ならきっと実現できると感じています。